読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

志を立てる 吉田松陰「人を動かす天才」の言葉 過去の読書日記再録

吉田松陰
「人を動かす天才」の言葉
(2014/10/22)
志を立てることから、すべては始まる
著者 楠戸 義昭    三笠書房

↑吉田松陰さんが表紙です。

先日「覚悟の磨き方」のメモを載せました。
「覚悟の磨き方」はこちらから(別窓が開きます。)

「覚悟の磨き方」は超訳でしたので、今度は訳が対に
なっているものをと思い、この本をてにとりました。

超訳と訳があって、その後に背景、
中国との思想との関連、
誰宛に述べた言葉なのかが注釈として
添えられています。

例えば、こんな感じです。


真心をもってすれば、不可能なことはない
-至誠にして動かざるもの未だ之れ有らざるなり。
(講孟劄記)
この言葉は本来、今から二千三百年前の中国の思想家・
孟子の言葉だが、松陰自らの精神の根幹とした
非常に重要な一語である。彼の三十年の人生は
この至誠(真心)によって貫かれていた。(no.228/2105)

吉田松陰さんは幼少から読書に
親しんだため、博識で、中国の思想にも
精通しています。松陰さんは囚人として
牢獄にいたときに、他の囚人達と勉強会を
開き、みんなで「孟子」をよんで議論した
と言われています。このときの議論メモと、
自宅幽閉の際に家族に講義したものを
まとめたのが吉田松陰の代表作の1つ
「講孟劄記」です。本はここから言葉を出典
しています。

家族に孟子を講義して、一緒に議論する、
博識な家族です。

当の言葉ですが、松陰さんは真心はすべての
人間に通じるという信念を持っていました。
この信念は松陰さんが処刑された後も
松下村塾の門人に引き継がれていきます。

ではラインナップです。
序章 「歴史の歯車を動かした男」吉田松陰
   -人を、国を、
    そして自分を動かした生き様とは?

1章 吉田松陰に学ぶ「自分を高める」言葉
   -「天才思想家」はいかにつくられたか

2章 まっすぐであたたかい
    吉田松陰の素顔が見える言葉
   -家族・同志を大切にした
     人間味のある一面

3章 怖れず覚悟を貫く言葉
   -松陰が抱いた新たな夢、
    そして突然の死・・・

4つの章の構成です。序章に松陰さんの生涯の
概略があります。

080.png

志を立てることから、すべては始まる
-志を立てて以て万事の源と為す。

吉田松陰さんの志は
「徳のある人になる」自分を正しく、天下を正しくしよう。
であることを著書に残しています。

志の大切さは門弟だけでなく、
友達にも話しています。
松陰さん17歳のとき、叔父の私塾で
友達にこう話しています。

「進む道が正しいか正しくないか、
 学問や仕事がうまく行くか行かないか、
 それは志を立てたか立てなかったかにある。
 だから士たるものは、その志を立てねばならない。
 志もあればやる気もついてくる。
 意気込みがあれば、目標が遠くにあっても
 たどりつけないことはなく、
 難しくてできないということもない。」

現代で、17歳といったら・・・高校生か??
達観してます。現代で17歳は悩み多き
年頃です。時代背景が全然違いますが、
そこまで悟れるほど自分を高めたのが
たった17年ていうのが驚きです。

志って本当に大切ですね。

では、今日の言の葉です↓↓↓
一日一つ記せば、年に三百六十を学べる
 一日に一事を記せば、一年中に三百六十事
 得ん。一夜に一時を怠らば、百歳の間
 三万六千時失はん。


一日に一つ学べば一年で360の知識が得られます。
(太陰暦だから360個)
もし、1時間サボると、百歳まで生きたとして
約四年あまりの時間を失いますよ。
だから時間は無駄にしないように、という
松陰さんの言葉です。
実際に数字にされると、1時間の重みを
感じますね。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

吉田松陰 「人を動かす天才」の言葉: 志を立てることから、すべては始まる (知的生きかた文庫)(アマゾン)




「覚悟の磨き方」をみる→




コメント
No title
こんにちわ

吉田松陰は、努力の人であり
そして、どのような場であっても、
そこで自分ができることを
精一杯してきた人だと思います。

萩という決して日本の中心ではない場所で
伊藤博文や山縣有朋という内閣総理大臣や
維新後の大臣を輩出する松下村塾で
教えていたのですから。

なによりも記事にも書いていますが
日本を良くしたい、
日本を外国に侵略されたくないという
強い信念、志があったからこそでしょうか。

よい記事ありがとうございました。
2015/07/02(木) 21:26 | URL | woodship #-[ 編集]
>woods hip 様

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
またまた、、メッセージをありがとうございます。
本当に嬉しいです(≧∇≦)

吉田松陰の一生は
凝縮された時間であっただろうなと
本を読んで思いました。
自分の信念のもと、
塾生と一緒に勉学に励む姿勢は
先生の望ましい形なんでしょう。
自分の信念、志とは何なのか
考えさせられました。


woodship様の参考になれば幸いです!!
2015/07/03(金) 11:51 | URL | rie0725 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

読書 仕事 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー 絵本 親子 食事 音楽 まんが Jazz コーヴィー 作業 カフェ 7つ ファンタジー 大学 健康 社長  しかけ  お金 金持ち父さん 営業 英単語 動物 英語 幽霊 アドラー 心理学 問題意識 生活 貧乏 赤ちゃん 動画 価値 コーヒー 家計簿 転職 決算書 就職 家族 イノベーション ギター ボサノバ 映画 トイ・ストーリー さくら 問題解決 共感 園芸 ターシャ・テゥーダ  スピーチ 尿酸値 バランス 安らぎ 絶望 育児 ハワイアン 家事 リラックス クラシック 痛風 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★