読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギの世界 Beatrix Potter's Peter Rabbit Rebus Book

Beatrix Potter's Peter Rabbit Rebus Book
著者 Beatrix Potter  Warne; Pop版 (1991/10/1)

ピーターラビットの世界。



(残念ながら絶版なので、中古本のみ)

ピーターラビットの仕掛け絵本です。
大きさが 21.2 x 1.1 x 25.9 cm  の
ちょっと大きめの絵本なのですが、
絵がどーんと載っているのではなくて、
文章の所々に小さな絵と、文章の名詞の所
に絵があって、絵をめくると単語が分かる
様になっています。
(Rebus Book:判じ絵)
例えば、文の途中に傘の絵があって、
その絵をめくるとumbrellaと下に書いてあります。

ちょこちょことしためくり絵ばかりでなく、表紙
をめくると、森から手前にピーターラビットが
飛び出してくる仕掛け
になっていたり、
飛び出したじょうろの中から、ちょこんとウサギが
顔をのぞかせたり

大型の仕掛けではなくても、
思わずニコニコするような可愛い本です。

とくに最後のページの仕掛けには
驚きました。ページから飛び出している
紐を引っ張ると、そこにはベッドでねている
ピーターがいるではないですか!!
(注:小さい子が力任せで引っ張ると
 確実に破ります。)
飛び出す前の絵と、飛び出した後の
状態のギャップが凄いです。
(上手く隠れています。)

著者の
ヘレン・ビアトリクス・ポターさん
(Helen Beatrix Potter, 1866年7月28日-1943年12月22日)は、
イギリスのロンドン出身。
『ピーターラビットのおはなし』シリーズで知られる、
大変有名な絵本作家さんです。
(私は、ハリー・ポッターを読んでるとポッターって
発音したくなります(汗))

大変裕福な家で育ち、
(先代から受け継いだ遺産で
生活できたんだそうです。)
家庭教師から勉強を教わっていました。
他の子供と遊ぶ機会もなく、
子供部屋でイモリ・蛙・蝙蝠・ウサギなどを飼い、
それらをスケッチするのが唯一の楽しみでした。


現代、イモリとか蝙蝠を家で飼うって言われたら
大抵の親は拒否するのではないでしょうか。
(私なら拒否します。たぶん・・・)
しかし、細部までスケッチできたのは身近に
動物がいたからなのでしょう。

10歳の頃にはピーターラビットの様に
擬人化したうさぎを描いていました。

成人後は、ほとんど独学で
菌類やきのこの研究をはじめ、
湖水地方やスコットランドで標本を集め、
絵に残してます。
彼女は、地衣類が菌類と藻類の共生体
であることを提唱した最初の一人だったのです。
しかし、女性だったため、論文の公表は認められず、
研究者としても採用されませんでした。
(彼女が亡くなってから50年以上経って、
 論文を締め出した謝罪を協会が発表しています。
当時の女性の立場には残念な思いです。)

弟が、彼女の描いたグリーティングカード
を売ってくれた所から絵本作家として始まり、
「ピーターラビットのおはなし」を自費出版して
出版社に送ったものが好評で、一族の遺産とは
別の収入を得るようになりました。



1905年、湖水地方ソーリー村にあるヒルトップ農場を購入します。
彼女はその景観を愛し、安定した著作権使用料と両親の遺産で
地元の土地を買い上げました。 彼女はナショナル・トラスト運動の
創始者の一人の友人であり、自身の財産で多くの小屋、
15の農場、4000エーカー(16km²)の広大な土地を買い、
その美しさが失われないようにしました。
彼女の遺産は現在、湖水地方国立公園の一部となっています。
また彼女が晩年に生活していた自宅はヒル・トップという名で
一般に公開されているそうです。(観光地になってます。)

絵本の中にある美しい自然と農村の様子はここから
来ているんですね。

ビアトリクス・ポターさんは1943年12月22日、77歳の生涯を
とじます。(Wiki参照)

ヒルトップ、いつか行ってみたい所の一つです。

se_049.jpg



ピーターラビットの冒険の一日、
読み手にとっては
どこか懐かしい農村の風景と
ピーターラビットの可愛さと
色彩の優しさに癒される、
そんな絵本です。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




Beatrix Potter's Peter Rabbit Rebus Book: A Lift-the-Flap Rebus Book(アマゾン)



スポンサーサイト

脳疲労と親子の会話 『やってはいけない脳の習慣』

『~2時間の学習効果が消える~やってはいけない脳の習慣』
川島 隆太・横田 晋務(青春出版社・2016.9.5)


以前からメディアは脳に悪影響があると言われています。
ではどんな悪影響があるのでしょう。
スマホやPCを通して
ソーシャルメディアを2時間以上使うと脳の活動が低下する

低下した後に勉強しても結局は学習効果はない
と本書では冒頭で言っています。

本のデータによると、スマホやPCだけでなくテレビなどのメディアも
脳に同じ影響が出るようです。
脳が疲れてしまってはせっかくの学習も読書も効果がなくなってしまいます。
脳を疲れさせてはいけない、
では
①どうすれば脳は疲れないのか?
②疲れた場合にはどうやったら回復するのか?
この2点が疑問でした。

①脳を疲れさせないために
先日「ゲンキの時間」というテレビで、脳は疲れてくるとサインを出すとあるました。作業に飽きることがそのサインの一つです。飽きてきたら仕事や勉強の手をとめて休憩しましょう。目安は1時間に5分の休憩が良いそうです。
休憩の取り方としてはお茶を飲んだり、人と会話すると脳は休まるようです。コミュニケーションを取るのが上手い人は脳は疲れにくようです。

一所懸命頑張っての後でまとめて休憩すればいいや!! というのは休憩にならないので注意です。

②脳の疲れはどうやったら回復するのか
簡単な運動を20分すると効果的なようです。あくまで簡単なものというのが大切です。ハードな運動は達成感が生まれますが、逆にストレスがたまります。
基本、寝るのが一番。20分から30分程度の睡眠で脳の疲労は回復します。



ではラインナップです↓↓

第1章 学習効果を打つ消ち消す「スマホ脳」の衝撃
「スマホ・LINEのしすぎで勉強しないから成績が下がる」のウソ

第2章 MRIで解明!脳げ変形してしまう危険な習慣
ゲーム、テレビの時間と脳の成長の遅れは比例する

第3章 脳のやる気スイッチ「綿状体」を活動させる方法
"やらされ感"が学力にマイナスになる理由

第4章 自己肯定感が高い子ほど学力が高いのは何故?
脳科学で証明!自己肯定感を高める親の習慣とは

第5章 朝食のおかずが増えるほど脳は良く成長する
食、睡眠、親子のコミュニケーションと脳の働きの相関関係

第6章 習慣は生まれつきの脳力に勝る?!
脳科学研究最前線


親子で会話をすることで、
子供は家族との繋がりを実感し精神的な安らぎを得ることができます。

また、脳が疲労しにくくなるのであればどんなに良いことか!!

本書では家族で食事をとり、会話をする事を勧めています。
当たり前でしょ?と感じる方もおられると思いますが、では子供と一日にどれだけ会話しているのだろうと考えるとどうでしょう。
食事の場は会話の良い機会です。テレビを見ながら食事をやめて、今日から楽しく会話しながら食べましょう。



プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。