読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

成功の秘密 世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと 過去の読書日記再録

世界の大富豪2000人が
こっそり教えてくれたこと
(2013.10.20)
著者 トニー・野中    三笠書房


世界の大富豪って、
頭の中どうなってるんだろ?


と、思って手に取った本です。
以前にも「金持ち父さん貧乏父さん」(別窓で開きます)でも
疑問に思ったテーマの一つです。そこからリッチダッドシリーズに
入った訳ですが、他の方の視点から見た富豪の生活、習慣
思想
について書かれたものを探していました。

リッチダッドシリーズはゲームを買って欲しい、
他のシリーズの著書を読んで欲しいっていうのが
前面に出てるので・・・ちょっと敬遠する人も
いるかと思います。
しかし、この著者は純粋に
富豪の話をまとめ、読者に伝えるのみです。

そして、所々が「夢をかなえるゾウ」(別窓開きます)で
ガネーシャが主人公に伝える教えと
この著書で出てくる成功者達の言葉に共通点
があます。

例えば、
「なぜそんなにみんなに手厚くしてくれるんですか?」
という著者の言葉に大富豪は
「決まってるじゃないか!皆を喜ばせるのが
 楽しくて仕方がないからだよ!!」

と答えたそうです。

「夢をかなえるゾウ」(別窓開きます)でいったら、
「身近にいる一番大事な人を喜ばせる」
「プレゼントをして驚かせる」
「人の成功をサポートする」
に通じるものがあります。
人の喜びが自分に戻ってくる、
つまり、人を助けることが自分の喜び
なっているということです。

また、「7つの習慣」とも共通点があります。
例えばこの著書の
「頭を空っぽにしてリラックスする習慣が
 人生を飛躍させる」

という大富豪の習慣ですが、
これは大富豪は心身ともに健康であるのを
大切にしている所からきています。

これは「7つの習慣」でいうところ
第7の習慣「刃を研ぐ」にあたります。
つまり、リラックスする時間をもち、
自分のこれまでの人生を振り返り、
自分を見つめ直す。
これで心の平穏が生まれ、明日への活力
を養うことができるもの。

また、定期的に運動すること、健康を維持
することはすべての習慣の土台であると
述べています。

心身の健康について大切にするという
共通点も見られるのです。

それぞれの著書に見られる
様々な習慣を大富豪は当たり前のように
実践されてる
んですね。
okanemochi.png
では
「世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと」
ラインナップを見てみましょう。

プロローグ 97パーセントの人が知らない真実

第1の秘密 生き方 
       -大富豪になるための条件を明かそう

第2の秘密 仕事
       -君は、何のために働いているのかい?

第3の秘密 お金
       -大切にするから、
       信じられないほどお金にモテるんだ

第4の秘密 富を増やす
       -働かないでも、
       お金が入ってくる仕組みを持つんだ

第5の秘密 時間
       -大金wお稼ぎつつ、
    ”自由な時間”もたっぷりあったら最高だろう?

第6の秘密 大好きなことをする
       -仕事、旅行、遊び・・・
       時間をつくるのはこんなに簡単!

第7の秘密 人間関係
       -恋人、友人、家族、メンターは
       かけがいのない財産だよ

第8の秘密 人間的魅力をつける
       -ハイレベルな人から
       一目おかれるコツを教えよう

第9の秘密 運命の人
       -10年後も変わらず、
       その人を愛してると思うかい?

第10の秘密 心と体
       -一生、元気でパワフルに
       人生を楽しまなきゃね!


成功者というのは二種類あって
「お金があっても
 時間がない
 人間関係や健康に恵まれてない」
という、お金があっても幸せではない人

「莫大な富
 信頼できる愛すべき人々に囲まれている
 心満たされている」
という、すべてを手にしている人

に分かれているそうです。

そのすべてを手にしている人
が一番重要だと考えているのは
自分の「器」を大きくすること
だといいます。

現状に甘んじず、常に成長すること。
(健康も含めて)

そして、人を愛し、大切にすること。

よりよい明日を目指して
今、大切なことを守る。そういう姿勢を
持ちたいものです。

では、今日の言の葉です↓↓↓
「人生の目標とは、
それを達成したら、
次の日に死んでも後悔はしない
というようなものだ」


あなたがワクワクするようなことは
何ですか??

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。




世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと (王様文庫)(アマゾン)



スポンサーサイト



お金と夢と人生と 「夢を叶えるゾウ2」(過去の読書日記を再録、追記しました。)

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神(2014.12.5)
著者  水野 敬也      飛鳥新社

貧乏神?ガネーシャの対局にいる神様じゃないの?? 

←ちょこんと見てるガネーシャが可愛い


今回2巻の主人公は脱サラして芸人になった男性です。
ガネーシャが自分の出ているステージに観客として現れる出会いから始まります。

この男性には脱サラしたときから貧乏神・金無幸子さんが憑いており、
ガネーシャが一緒にいるようになってから、貧乏神も見えるようになったのです。

ガネーシャと貧乏神との不思議な生活を通して、夢に向かってどう進むのか、
どうしたら幸せになれるのかを探していきます。


この貧乏神は、金持ちを貧乏にしてしまう神様ではなく、
貧乏を幸せにする神様の様です。

ボロボロのワンピースにボサボサの長い髪、貧乏性な美女、でも編に弾けた性格。
ガネーシャとは違った面白いキャラだと思います。
free-illustration-money-04.jpg
そして、1巻で少しだけ登場した釈迦ですが、
この巻では主人公の恋の(?)ライバルとして登場です。

時が止められるという能力も凄いのですが、
説法を現代のハローワークでやっている姿は
1巻よりもお釈迦様らしく見えます。
(主人公は格好つけたかっただけかと思うようですが。)

何せ、1巻のお釈迦様は遊園のジェットコースターを乗りに来てましたから。


で、今回ですが、お笑いの下克上、ゴット・オブ・コントという企画の中で
人間の芸人だけでなく、リアルに神様が参戦してお笑いの神様が誰か決める
大会が開かれます。主人公はガネーシャとコンビを組んで参戦。

トップを目指して、ガネーシャに振り回されながら頑張るのですが・・・
お釈迦様だけでなく死神もコントに参戦です。
神様のコント、面白いです。それぞれの神様の特徴が出てます。


教えについてですが、
1巻とは違い、ガネーシャの教え(複数)の他、
貧乏神・金無幸子さんの教え(複数)、
そして釈迦の教え(1つ)が載っています。
ではその中から気になったものを紹介しましょう。



「仕事、お金、人間関係、幸せ・・・人間の悩みはなんちゅうのは
何時の時代も同じや。そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、
何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっとつくられてきてんねんで。
その『本』でも解決できへん悩みちゅうのは何なん?
自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?
自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」図書館に行く

-ガネーシャの教え(p.68)

自分が悩んでるとき、殻に閉じこもってひたすら落ち込み、誰かの助けを待つ。

ではなくて、自分から問題を解決しようと動くとき、
やはり頼りになるのは『本』なんです。

貧乏神、緊張、借金と本作の主人公も図書館で調べていました。

では、今日の言の葉です↓↓↓

「『言葉』というのは、その人の一番最初の行動ですからね。
私達貧乏神は人間を見るときは言葉に注目するのです。
・・・貧乏神から嫌われるのは『他の人が気づいていない長所をほめる』
という行動です。そういうほめ方をされて嬉しくない人はいませんから」
多くの人が気づいてない長所をほめる-金無幸子の教え
(p.302)

そう、貧乏神の教えを頂戴いたしました。

普段、無茶苦茶なガネーシャとその友人・釈迦ですが、
最後は主人公と貧乏神のピンチを救ってくれます
・・・ガネーシャの好物・あんみつと引き替えに。
(与えなければtakeはないですよね。)


さて、主人公はいかなる苦難をこえて成功への道を突き進むのか、
最後のピンチの結末は??・・・希望が見える、そんな本でした。



夢をかなえるゾウ2 文庫版 ~ガネーシャと貧乏神~(アマゾン)





アニメ&ドラマDVD↓




夢をかなえるゾウをみる→
夢をかなえるゾウ3をみる→


read more !!

子どもと名画 みんなが知りたい「世界の名画」がわかる本

みんなが知りたい「世界の名画」がわかる本
著者 レブン  メイツ出版株式会社


あの名画がいくつも表紙に配置されていて、
インパクトが強いです。

皆さんは美術館に行かれますか?

美術館では小学生から入場できるところが
ほとんどです。
(最近ではイベントでワークショップを開催
 しているところもあるそうです。)
世界の名画、日本の誇る名画に実際に目にする
機会は少ないのです。

私も、2人の子どもがまだ就学前の時、
美術館に行ったのですが、結局子どもを
旦那様に任せ(車の中で待機)、
私だけ急いで見て回った記憶があります。
(かなしい。。。)
大きい美術館が近くには無いので、
必然と企画展示でいいなと思うもの
があっても、行くには気合いが要ります。


私としては、
感受性豊かな幼児にいい絵を見せたい!!
と思ったのですが。
確かに幼児は走り回るし、泣き叫ぶし
触ってはいけないものには触れるしで
大変な面もありますが、
大きい絵の迫力、
実際の色彩の豊かさ
は実物、もしくは実物と並ぶもの
でなくては伝わらない所もあるのでは
と、幼児にも見られる機会が欲しかった
ところです。

美術館に入れなかった代わりとしてこの本を、
我が家の読み聞かせ本の仲間に入れました。

この本はオールカラーで46人の画家の描いた
名画が紹介されています。
名画ばかりでなく、その画家の生涯で有名な
エピソードと名画の簡単な解説があります。

lgi01a201311292100.jpg

ではラインナップです↓↓↓

第1章 誰もが知っているこの画家・
     この名画
 ダ・ヴィンチ
 ゴッホ
 ルノワール
 モネ
 セザンヌ
 マネ
 ミレー
 ピカソ
 葛飾北斎

第2章 まだまだ見たい・
     知りたい世界の名画
 アンリ・ルソー  ヴラマンク  
 カンディンスキー
 クールベ  クリムト  クレー
 ゴーガン  コロー  シーレ
 シスレー  スーラ  ターナー
 ドガ  ピサロ  フェルメール
 ブリューゲル(父)  ボナール
 マグリッド  ムンク
 モディリアーニ  モロ-
 ルーベンス  ルオー  ルドン
 レンブラント  ロートレック
 ローランサン

第3章 日本人だって凄い!
     世界に誇るこの名画
 浅井忠 上村松園 歌川広重
 岡本太郎 岸田劉生 熊谷守一
 黒田清輝 佐伯雄三 竹久夢二
 東郷青児

巻末 全国美術館ガイド 


ウチの子はムンクの「叫び」が面白かった
みたいです。しばらくマネしてました。
(「叫び」って解説の内容は重いのにね)

名画に触れると、芸術家の最高のものを
目指そうとする姿勢や感情が解説文
を読まなくても、何となく心に入ってくるものです。

ものを作る時の、心。

自分と対話したとき、残るもの。

自分が本当に求めているもの。

極めたものの美しさ。

画家によって千差万別。

(画家によってはこどもの絵を目指した
 方もいます。その人の作品を見せると
 こどもは面白そうに作品を見るんです。
 不思議ですよね。
 こどもにはきっと伝わる何かがあるのでしょう。)

小中高と美術(図工)の教科書に
確かに載るような有名な名画
だけでなく、数多くの作品を
こどもには目にして欲しいと思います。

極められたものを
数多くみる


稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




みんなが知りたい!「世界の名画」がわかる本 (まなぶっく)(アマゾン)

プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★