読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

本物の上司、本物の部下 「仕事は楽しいかね2」 過去の読書日記再録

仕事は楽しいかね?2(2002.7.26)
著者 デイル・ドーテン 翻訳 野津智子    きこ書房

あなたは”ほんもの”の上司に出会ったことがありますか?
(私は無い。
 ”ほんもの”の部下ではないから)

以前書いた、「仕事は楽しいかね?」(別窓開きます。)は
仕事と向き合う本人について書かれたものですが、
この二作目は、上司と部下との関係に重点が置かれています。
一作目で仕事に向き合う姿勢を変えた
主人公は出世して部下を持つようになります。

中間管理職です。

上司と部下の間で次第に仕事の行き詰まりを
感じ始めた主人公はメンター(師)である、
あの白ひげのサンタクロース
マックス・エルモア氏に電話をかけて
会う約束を取り付けます。

そして、上司と部下についての講義を受けるのです。
一作目と同じように主人公の視点に立って、
マックス氏と会話をします。

ではラインナップです。

プロローグ

第1章 ”ほんもの”の上司に
     出会ったことがあるかね?

第2章 優れた上司は、常に
     お役所体制と戦っている。

第3章 優秀な管理職の基本的な仕事は、
     管理する事じゃない。

第4章 仕事選びの大切な基準は
     ”いまより幸せになれること”なんだ!

第5章 有能な部下は、探すことより
     探されることのほうがずっと多いんだ。

第6章 労働稼働率が二十パーセントの
    企業のほうが十パーセントの企業より
    ずっと健全だということもある。

第7章 仕事は楽しくなくちゃだめだ。
     職場から笑い声が聞こえてこなければ、
     きみのやり方は間違っている
     ということだろうね

エピローグ

129.jpg
先ほどから出てくる
”ほんもの”の上司ですが、

「会うのが楽しみで、きみを高いレベルに
 引き上げてくれる人」


だとマックス氏は本の中で言っています。

何でもかんでも部下の問題を肩代わりする、
何でも助言する、手助けする、
(いい人になろうとする)
というのではなくて
成長する魅力的な環境を整えてくれる人
の事です。

「最高の人が働くに相応しい
 最高の場所」

”ほんもの”の部下と”ほんもの”の上司の求めている
ことは共通していて、
自分の才能を開花させるチャンスのある職場
を求めています。チャンスと変化、自由です。


部署の管理者として上手くやるには

「もっと良い方法はないか?」
「これがきみにできる最善のことか?」


と質問するのみ。部下はどうしたらもっと良い仕事ができるか
考えて提案する機会を得ます。
部下が自分の責任で考えて行動するのです。
(”ほんもの”の部下ならば)
そのことによって部下は成長します。

最初は優秀な部下でなくても
育て方を知っている指導者から刺激を受ける
ことによって、優れた部下になるのです。

部下と上司は規準を達成するための
同志です。

お互い、犯した過ちを認め、
お互いの意見を支持する。
(考えをゴリ押しする人っていますよね。
 自分の保身が見えてます。)

上下関係なしに、信頼関係があります。


部下が上司の仕事をチェックしてくれていて、
何かあれば意見を述べてくれるのです。
(考えを押し通す人には意見は聞いて貰えないので
 何も言えず、悪循環にはまります。)

成長しようとする良い部下
成長をする機会を用意する上司

良い循環の職場には熱気があり、
笑顔があります。

では今日の言の葉です↓↓↓

自分がしたいと思わない仕事を、
なぜほかの人がしたいと思うだろう?


人生を最高に。誰もが願うことです。
一人の人間として、家庭や職場で自分ができることは
何でしょうか??

この本を読んでいくと親子関係に似ている
のではないか、と思いました。
子どもには、自分で考え、行動する事を
促す親。
「幸せになる」ために協力して生活する同志。

親が間違っていれば、子どもはちゃんと助言、
または態度に示してくれます。
自分でリーダーシップを発揮して親も成長しな
ければいけないのです。

今日は成長できていますか?
(寝る前にできたことを振り返らないと。)

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




仕事は楽しいかね? 2
仕事は楽しいかね?(アマゾン)



「仕事は楽しいかね」をみる→
スポンサーサイト



明日は今日と違う自分になる 「仕事は楽しいかね?」過去の読書日記再録

仕事は楽しいかね?(2001.12)
著者 デイル・ドーテン 翻訳 野津智子    きこ書房



表紙には雪の中、あなたに挨拶する
サンタさん(?)みたいなおじ様がいます。

181ページの短編の本です。
(私はkindleで読んだので、
 メモのページ数はあくまで
 参考でお願いします。)

このおじ様はただ者ではありません。
発明家、起業家として有名な人、
巨万の富をえた富豪です。

さて、本の中身ですが、
名前の出てこない主人公(あなた)とこの老人の
会話が中心で展開します。


空港で雪のため、足止めをくってしまった
主人公は、閉鎖された空港で一夜を明かす
ことになりました。

そこである老人と出会います。

老人からの他愛もない質問に、
最初は上手くはぐらかしていましたが、
老人の質問にギクリとします。

「仕事は楽しいかね?」

今日であったばかりのその人に、
いつの間にか溜まっていた憤懣、
失望感を話していました。

illust3793.png

ルーティンでこなす仕事
週に50時間働いても
雀の涙ほどの昇給、

最新の自己啓発本を買い
新たな夢を描いても
妻子に住宅ローン
その他の義務を背負ったこの身では
動く事はできず、
とても退屈で、不安な人生だと。

老人は静かに聴いてくれました。

老人が一度席を立ったときに、
空港の他の客からこの老人が
有名な起業家、富豪である事を教えてもらいます。

戻ってきた老人に主人公は様々なことを
吸収するのです。


ではラインナップです。
目次にこのおじ様の教えがつまっています。

第1章 仕事は楽しいかね?

第2章 人生とはくだらないことが1つまた1つ
    と続いていくのではない。
    1つのくだらないことが<何度も>
    繰り返されていくのだよ。

第3章 試してみることに失敗はない

第4章 明日は今日と違う自分になる、だよ。

第5章 これは僕の大好きな言葉の1つなんだ。
    「遊び感覚で色々やって、成り行きを見守る」
    というのがね。

第6章 必要は発明の母かもしれない。
     だけど偶然は発明の父なんだ。

第7章 目標に関するきみの問題は、
    世の中は、君の目標が達成されるまで
    じーっと待ていたりしないということだよ。

第8章 君たちの事業は、試してみた結果
    失敗に終わったんじゃない。
    試すこと自体が欠落していたんだ。

第9章 あの実験で学ぶべきことはね、
    「あらゆるものを変えて、
     さらにもう一度変えること」なんだよ。

第10章 それはね、
     「あるべき状態より、良くあること」なんだ。

第11章 もし宇宙が信じられないような
     すばらしいアイディアをくれるとして、
     きみはそれにふさわしいかね?

第12章 覚えておいてくれ。
     「試すことは簡単だが
      変えるのは難しい」ということを。

第13章 新しいアイディアというのは、
      新しい場所に置かれた古いアイディア
      なんだ。

第14章 きみが「試すこと」に喜びを
     見い出してくれるといいな。


恐いと思ったのは、
世の中が自分の目標達成を待ったり
はしない、というところ。

確かに、目標を据えるとそればかり
見ていて周りが見えず、
気づいたら周りの方が数倍進んで
いて愕然とすることがあります。
自分しか見えなくなるのは
とても恐いことです。

(本の中で主人公の事業が失敗
 した例から老人が語ります。)


そして、大切なのは「試す」こと。

試して変わり続けること。

「夢をかなえるゾウ」でもありましたが、
変わりたいと思う人は実は何もしてない。
だから変われない。
というのがありました。

この「仕事は楽しいかね?」も同じように
「試す」ことが重要なことであると書かれています。

試して、学んで、変わる。

このサイクルを続けると良い循環で
高見へと上っていけるでしょう。

毎日、毎日違う自分になること

「試す」を毎日続けること
試行錯誤を繰り返しながら、
それでもどうにかこうにか、
手当たり次第に、あれこれやってみる。

では、今日の言の葉です↓↓↓
頭にたたき込んでおいてほしい。
何度となく「表」を出すコインの投げ手は、
何度となく投げているのだということを。
そしてチャンスが十分にあれば、
チャンスは君の友人になるのだということを。


「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。




仕事は楽しいかね?(アマゾン)




「仕事は楽しいかね2」をみる→

自己欺瞞の世界 <実践>自分の小さな「箱」から脱出する方法(過去の読書日記再録)

<実践>自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー・インスティチュート著
監修 金森重樹 訳 富永星

取り巻く人間関係の様々な問題は

もしかして自分が引き起こしている張本人かも


といわれると、気分を害される方もいるでしょう。
この本のコンセプトは自己欺瞞です。

第三者的な立場になって自分を振り返る
きっかけになります。

自己欺瞞
自分で自分の心をあざむくこと。
自分の良心や本心に反しているのを知りながら、
それを自分に対して無理に正当化すること。自欺(じき)。
(コトバンク参照)

この話に「箱」
という言葉がでてきます。

「箱」=「自己欺瞞の世界」

自分を欺いて、自分の保身、自己弁護をして
自分しか見ていない状態が

箱の中に入っている

という状態です。自己欺瞞の世界にとらわれているんです。
「箱」に入ってしまう状態を
例にすると

例:子どもが夜泣きをはじめた。
  妻または夫が起きる前に自分が起きて、
  面倒を見ようと思う。

 でも、できなかった。

ここで、自分が思うこと↓↓↓
「この前に起きたのは自分だ!」
「(相手は)自分ほど忙しくない」
「寝たふりをしているだけだ」

面倒を見ようと思うのですが、できませんでした。
行動に起こさなかった瞬間に、
つまり、自分の感じたことと逆らった瞬間に、

相手のことを
「怠け者」
「思いやりがない」
「妻または夫をちゃんと評価していない」
「鈍感」で「嘘つき」
「酷い母親または父親」
「酷い妻または夫」だと思い始めます

相手を批判して、相手を貶めます。
そして、自分はというと、
自分は被害者だ!と見始めるのです。

「眠らなくてはならないのに、眠らせてもらえない可哀想な私」
「私は勤勉だ」
「明日の仕事は重要だ」
「私はすべきことをしている、公正な人間だ」
「こどもの泣き声を聞きつける敏感な耳を持つのは
 相手ではなく、この私だ」
つまり私は子どもに対して
「良いお父さんまたはお母さん」であり
夫または妻としては勤勉で公正で良い親なのだから
「本当に良い夫または妻」
正当化していくのです。

自分が他人のためにすべきだと感じたことに
背き、自分を正当化すると、
周りを正当化した立場から見るようになるのです。
これが「箱」に入ったということです。

ちなみに、自分が「箱」に入ってしまうと
相手も「箱」に入れてしまいます。
(自分は正しいという行動にお互い走り、
 相手を酷く扱います)
人間関係がこじれるのは、お互い「箱」に入っているから
ということになります。

そして、自分を裏切り続けると、裏切りが癖になる、
つまり「箱」を常に持ち歩く状態です。

では、「箱」から出るにはどうしたら良いのか??
自己欺瞞の世界から出るには、
自分だけ見つめるのではなく、
抵抗してきた人たちの人間性を認めて、
受け入れる事。
相手のために何かをしたいと思うこと
箱の外に出ることが可能です。

大切なのは
相手のために何かをしたいと思ったことを実行する

実行することで、今度は箱の外に居続けることができます!

「7つの習慣」
パラダイム(自分の見方、考え方)を変えることで
自分が変わる
という考え方と同様だと思います。)

184.png

ではラインナップです。
第1部 「箱」という名の自己欺瞞の世界

第2部 人はどのようにして「箱」に入るのか

第3部 「箱」からどのようにして出るか


この三部構成ですが、
最後に”私の「箱から脱出」ものがたり”というのが
あります。箱脱出体験談です。
ここだけ見ても面白いです。
(体験談は
 ①娘として
 ②息子として
 ③経営者として
 の3つがあります。)

今日の言の葉です↓↓↓
他人が間違ったことをしているという点に
注目するのではなく、
どのような正しいことをすれば
その人に手を貸せるかを
よく考えろ。
(p.115)


周りの人を人として見る「思いやる心」を常に持つ。
私もそんな人になる努力をします!

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




実践 自分の小さな「箱」から脱出する方法(アマゾン)

プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★