読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に好かれる 世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意 過去の読書日記再録

世界の大富豪2000人がこっそり教える
「人に好かれる」極意

著者 トニー野中    三笠書房

前回の「世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと」
の二作目です。今回は人間関係、自分の感情について
特化した内容になっています。

人生におけるすべての幸福、
ビジネスにおける成功
友情、愛情、お金、
すばらしいアイディアは
必ず人を介してやってくる
と野中氏は述べています。
大富豪の中には、人を介して
神様が言葉をくれると信じる人もいる
そうです。

人に恵まれること、
人間関係に恵まれること、
幸せを得るのには必須です。

仕事に追われてる事を言い訳に
仕事の仲間との人間関係を投げ、
友達関係を投げ、
家族の関係を投げ、
「自分を分かってくれない」と嘆く。
『人間関係を深める、広げるのに時間はない』
と逃げてませんか?
(私は人のせいにして逃げてました。)

では、ラインナップを見てみましょう。

第1の極意 人に好かれる大原則
   「なぜ君は僕に会いたいと思ったんだい?」

第2の極意 付き合う人を選ぶ
   「それはいえません、
    いったら私の首が飛びますから!」

第3の極意 「お金」に振り回されない
   「もし君が大富豪だったら、
    どんな人間を好きになるの?」

第4の極意 何をどう与えるか?それが大事
   「無限の富を生み出す、
    幸福な関係のつくり方」

第5の極意 「怒り」の感情に流されない
   「どんなに悪い事の中にも、
    幸運が必ず3つはある」

第6の極意 出会いを逃さない
   「こういう人なら、
    ぜひ会ってみたいと思うよね?」

第7の極意 ムリに嫌いな人とは付き合わない
   「だから、
    思いもよらない才能に目覚めるんだ!」

第8の極意 「断ること」を覚える
   「いや、ダメだ。それより一回、
    会社を潰しなさい。」

第9の極意 「謙虚」に振る舞う
   「『ごめんなさい』と謝る回数と、
    人脈の質は比例する」

第10の極意 折れない心をつくる
    「”思考の負のスパイラル”を
     断ち切る6つの方法を教えよう」

第11の極意 人の「いいところ」だけを見る
    「実は、かなり戦略的に見ているんだ!」

第12の極意 「他人」に振り回されない
    「他人が何をするかなんて、
     どうでもいいではないか!」

第13の極意 「真に心が欲している願望」に
         目を向ける
    「もし、あと1年の命だったら、
    いったい何をするか?」

第14の極意 感情を整える
    「朝一番にこれをするのは、
     自分のためでもあるんだ!」

第15の極意 猛烈に感謝する
    「人に感謝すれば、
     自分も感謝される人生を、
     人をいじめれば、
     自分もいじめられる人生を歩む」


以上15個の章に分かれています。

058.png

ここでやっぱり大切だと思うのは
最後の2つの章です。

「感情を整える」
こんな風に考えて不安なってませんか?

「地震がきたらどうしよう。」
「会社が潰れたらどうしよう。」

これは自分でコントロールできるもの
ではありません。でも、『成功者』は
どう考えているのか??

『地震が起きた場合の逃げ道や、
 食料は確保できているか。』
『彼に、仕事を任せたけど、
 まだフォローすべきことがあったのではないか。』

このように自分の力で解決できることに
対して心配をします。

つまり
自分自身はベストを尽くしたのか?
という心配をするのです。

そして、実際に対策をした後、
心配してエネルギーを費やすのはもったいない。
と次の事に取り組むのです。
ダラダラを引きずらない。
感情を整えるには大切なことです。

「猛烈に感謝する」
「ありがとうございます」
本心から感謝を述べると
相手が喜ぶだけでなく、
自分も良い気分になります。
(気持ちを高揚させるホルモン
 が出ているそうです。)

叱られたときクヨクヨして不満を抱けば
もちろん気分が高揚などしません。
が、

「指摘されたおかげで大切なことに
 気づきました、ありがとうございます。」

と感謝できる人がいます。こんな人は
指摘を受け止めて、自分が成長する
チャンスとするのです。

ただ、「感謝」の気持ちは常態化すると
慣れてしまって、「当たり前」のように
感じられる様になってしまうのです。

つまり「感謝」を忘れます。

叱られた経験は記憶に残るので、
気がつけば「嫌な思いをさせられた人」が
圧倒的に増えます。

快適な人間関係=「感謝」に慣れない、忘れない

夜、寝る前に
「今日はどんなことに感謝できたかな?」
と思い出す習慣をつければ、
感謝を忘れる事を防げるでしょう。
(そして気分良く眠れます!!)

では、今日の言の葉です↓↓↓
人にした行為は、10倍以上になって自分に返る。
(良いことも、悪い事も。)  (p.237)

最後に、この本には章の間にコラムがあって、
野中氏が具体的な悩みに対してアドバイスを
しています。
子育て、デートの割り勘など、そこだけでも面白いです。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
(皆様に感謝いたします。)




世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと (王様文庫)(アマゾン)
世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意 (王様文庫)(アマゾン)





read more !!

スポンサーサイト

夢を叶える(過去の読書日記再録、ちょっと改稿)

夢をかなえるゾウ(2011.5.28)
著者  水野 敬也      飛鳥新社


以前、テレビ番組のアニメコーナーでちらっと見たことがある
『夢をかなえるゾウ』。(見たのは初回のみ)

最近書店で3巻がズラッと並んでいるところを見て、
ふと1巻から読んでみようと思いました。

アニメコーナーの続きは気になったのに、
放置して結局見れず仕舞いだったのが少し後悔だったのです。

ゾウはインドの神様ガネーシャのこと。
インドのお土産屋さんで像が積み上げられている所を
テレビで見たことがあります。(海外に出たことがないので、実物は分からない)

巻末索引にガネーシャがあります。↓↓
ガネーシャ gaNeza
人間の身体と象の頭、4本の腕を持ったインドの大衆神。
障害を取り除いたり、財産をもたらしたりするといわれる。
また、徹底的な現世利益の紙としても知られている。
インドでは人々に最も親しまれている神である。
(p.395)

確か、商売の神様だとお土産屋さんを映したテレビでもやっていたように思います。

010701sonota856e-trans.png
↑本に出てくるガネーシャは神々しい神様というよりは、関西人のおじさん。

話はダメダメなサラリーマンが関西弁を話すガネーシャの課題をクリア
することによって人生の成功に向けて成長していくものです。


我が儘で主人公を振り回しているように見えるガネーシャ、
実際に自分の側にいたらむかつだろうとは思いますが、憎めないキャラです。

我が儘放題に見えてしっかり主人公を導いていくのが凄いところ。

ガネーシャのキャラが楽しめて、主人公とガネーシャの絆に感動できて
読んでる人の為になる、そんな本です。



ガネーシャが出した課題の中で私が気になったものをメモっときます。

では、今日の言の葉です↓↓↓

「これからはな、毎日寝る前に、自分がその日頑張れたことを思い出して
 『ようやったわ』ってホメや。そうやってな、頑張ったり成長したりすることが
 『楽しい』ことなんや、て自分におしえたるんや」
 その日頑張れた自分をホメる。
 (p.99)

「ええか?自分が本当に成功したかったら、その一番の近道は、
 人の成功を助けること、つまり・・・・・愛やん?」
人の成功をサポートする。
(p.313)

実際にガネーシャの出してくる課題を私も実生活でやってみようっと。


稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


夢をかなえるゾウ 文庫版(アマゾン)



↑中古は安い!!

アニメ&ドラマDVD↓



夢をかなえるゾウ2をみる→
夢をかなえるゾウ3をみる→

read more !!

こどもの未来と親のエゴ

こどもの教育
著者 A・アドラー  訳 岸見一郎

アドラー真理学の著書やマンガを読んでいくうちに
実際にアドラー氏が書いた本を読んでみたい
と思うようになりました。

そこで、子育てをしている私としては
『子育て』について書かれている本を
手に取りました。
子どもの行動が遅いと「早く!!」と
言ってしまう私。イライラして手をあげそうになったりと、
親としてこの様なままで大丈夫なのか?
いつも心配していました。楽しく笑顔で、
子どもと人間として接したい気持ちは
あるつもりです。私としても親として、人として
成長したいと思ったのです。

この『こどもの教育』はアドラー氏が
親・教師用に書いた
ものです。

この本のラインナップです↓↓↓
第1章 序論

第2章 パーソナリティの統一性

第3章 優越性の追求と教育的意味

第4章 優越性の追求と方向づけ

第5章 劣等コンプレックス

第6章 子どもの成長 
     劣等コンプレックスの防止

第7章 共同体感覚とそれの発達の障害
     家族における子どもの位置

第8章 状況と治療の心理学

第9章 準備の試験としての新しい状況

第10章 学校の子ども

第11章 外からの影響

第12章 思春期と性教育

第13章 教育の誤り

第14章 親教育


illust2311_thumb.gif

ラインナップを見ると難しそうな言葉が続きますが、
もたらされた相談、実例をあげて丁寧に
解説されているので、大変読みやすいです。
(一見すると学術書か大学の教科書の
 様な印象です。)

子どもの教育については親ばかりでなく
学校との連携も必要です。
アドラー氏は教師をとても重要だとしています。
(アドラー氏も医者であり、教師です。)
家庭でくじかれた勇気を補う。
自分の仕事が『教育的価値』があり、
教育が性格の訓練である。

と教師の仕事を述べています。

親としては
学校の欠点を矯正する。
教育のスペシャリストではない、新しい考えを
勉強しているのではなく、受け入れる事もない。
(そうでない方もいらっしゃいます。)
と、厳しい視点で述べられています。
子どもへの影響はとても大きいのです。

子ども達を罰したり、批判することは勇気をくじき、
甘やかしの教育は依存的な態度と一人に執着
する傾向を助長してしまいます。

じゃあ、何が大切なのか?
困難は克服できない障害ではなく、
立ち向かい、征服する課題です。
勇気づけとは、この様な
困難に立ち向かっていけるという自信
を持つように援助すること。
(ただ、甘い言葉をかけるのではない。)

もう一つは、他の人、仲間への関心や協力です。
(共同体感覚、自分ばかりに注目するのではなく、
 周囲に関心を向けられる。)

この本ではカウンセラーの立場として、
親の立場として、
教師の立場としての子どもを描いています。

子育てに関して、何かヒントをつかんでもらえれば幸いです。

では、今日の言の葉です↓↓↓
未来を希望に満ち、喜びを持って見ている子どもたちと
一緒のときにこそ初めて、教育が可能になるからです。
(p.83)

自分のことにしか関心のない人は他の人を考えることはできない。
他の人を考えることができるためには、無論、
自分の世話ができているのでなくてはならず、
人に与えることができるためには、
自分が何か与えるものを持っていなければならない・・・
(p.285)

子どもと共に親も成長します。
何を子どもに学ばせたいのか自問自答しながら、
子どもの明るい未来を思いたい。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

子どもの教育 (Adlerian Books)(アマゾン)



アドラー心理学関連書籍
マンガでやさしくわかるアドラー心理学をみる→
マンガでやさしくわかるアドラー心理学実践編2をみる→
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉をみる→
コミックでわかるアドラー心理学をみる→
まんがで身につくアドラー心理学をみる→
嫌われる勇気をみる→
アドラー心理学実践入門をみる→



プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。