読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと名画 みんなが知りたい「世界の名画」がわかる本

みんなが知りたい「世界の名画」がわかる本
著者 レブン  メイツ出版株式会社


あの名画がいくつも表紙に配置されていて、
インパクトが強いです。

皆さんは美術館に行かれますか?

美術館では小学生から入場できるところが
ほとんどです。
(最近ではイベントでワークショップを開催
 しているところもあるそうです。)
世界の名画、日本の誇る名画に実際に目にする
機会は少ないのです。

私も、2人の子どもがまだ就学前の時、
美術館に行ったのですが、結局子どもを
旦那様に任せ(車の中で待機)、
私だけ急いで見て回った記憶があります。
(かなしい。。。)
大きい美術館が近くには無いので、
必然と企画展示でいいなと思うもの
があっても、行くには気合いが要ります。


私としては、
感受性豊かな幼児にいい絵を見せたい!!
と思ったのですが。
確かに幼児は走り回るし、泣き叫ぶし
触ってはいけないものには触れるしで
大変な面もありますが、
大きい絵の迫力、
実際の色彩の豊かさ
は実物、もしくは実物と並ぶもの
でなくては伝わらない所もあるのでは
と、幼児にも見られる機会が欲しかった
ところです。

美術館に入れなかった代わりとしてこの本を、
我が家の読み聞かせ本の仲間に入れました。

この本はオールカラーで46人の画家の描いた
名画が紹介されています。
名画ばかりでなく、その画家の生涯で有名な
エピソードと名画の簡単な解説があります。

lgi01a201311292100.jpg

ではラインナップです↓↓↓

第1章 誰もが知っているこの画家・
     この名画
 ダ・ヴィンチ
 ゴッホ
 ルノワール
 モネ
 セザンヌ
 マネ
 ミレー
 ピカソ
 葛飾北斎

第2章 まだまだ見たい・
     知りたい世界の名画
 アンリ・ルソー  ヴラマンク  
 カンディンスキー
 クールベ  クリムト  クレー
 ゴーガン  コロー  シーレ
 シスレー  スーラ  ターナー
 ドガ  ピサロ  フェルメール
 ブリューゲル(父)  ボナール
 マグリッド  ムンク
 モディリアーニ  モロ-
 ルーベンス  ルオー  ルドン
 レンブラント  ロートレック
 ローランサン

第3章 日本人だって凄い!
     世界に誇るこの名画
 浅井忠 上村松園 歌川広重
 岡本太郎 岸田劉生 熊谷守一
 黒田清輝 佐伯雄三 竹久夢二
 東郷青児

巻末 全国美術館ガイド 


ウチの子はムンクの「叫び」が面白かった
みたいです。しばらくマネしてました。
(「叫び」って解説の内容は重いのにね)

名画に触れると、芸術家の最高のものを
目指そうとする姿勢や感情が解説文
を読まなくても、何となく心に入ってくるものです。

ものを作る時の、心。

自分と対話したとき、残るもの。

自分が本当に求めているもの。

極めたものの美しさ。

画家によって千差万別。

(画家によってはこどもの絵を目指した
 方もいます。その人の作品を見せると
 こどもは面白そうに作品を見るんです。
 不思議ですよね。
 こどもにはきっと伝わる何かがあるのでしょう。)

小中高と美術(図工)の教科書に
確かに載るような有名な名画
だけでなく、数多くの作品を
こどもには目にして欲しいと思います。

極められたものを
数多くみる


稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




みんなが知りたい!「世界の名画」がわかる本 (まなぶっく)(アマゾン)

スポンサーサイト

こどもの未来と親のエゴ

こどもの教育
著者 A・アドラー  訳 岸見一郎

アドラー真理学の著書やマンガを読んでいくうちに
実際にアドラー氏が書いた本を読んでみたい
と思うようになりました。

そこで、子育てをしている私としては
『子育て』について書かれている本を
手に取りました。
子どもの行動が遅いと「早く!!」と
言ってしまう私。イライラして手をあげそうになったりと、
親としてこの様なままで大丈夫なのか?
いつも心配していました。楽しく笑顔で、
子どもと人間として接したい気持ちは
あるつもりです。私としても親として、人として
成長したいと思ったのです。

この『こどもの教育』はアドラー氏が
親・教師用に書いた
ものです。

この本のラインナップです↓↓↓
第1章 序論

第2章 パーソナリティの統一性

第3章 優越性の追求と教育的意味

第4章 優越性の追求と方向づけ

第5章 劣等コンプレックス

第6章 子どもの成長 
     劣等コンプレックスの防止

第7章 共同体感覚とそれの発達の障害
     家族における子どもの位置

第8章 状況と治療の心理学

第9章 準備の試験としての新しい状況

第10章 学校の子ども

第11章 外からの影響

第12章 思春期と性教育

第13章 教育の誤り

第14章 親教育


illust2311_thumb.gif

ラインナップを見ると難しそうな言葉が続きますが、
もたらされた相談、実例をあげて丁寧に
解説されているので、大変読みやすいです。
(一見すると学術書か大学の教科書の
 様な印象です。)

子どもの教育については親ばかりでなく
学校との連携も必要です。
アドラー氏は教師をとても重要だとしています。
(アドラー氏も医者であり、教師です。)
家庭でくじかれた勇気を補う。
自分の仕事が『教育的価値』があり、
教育が性格の訓練である。

と教師の仕事を述べています。

親としては
学校の欠点を矯正する。
教育のスペシャリストではない、新しい考えを
勉強しているのではなく、受け入れる事もない。
(そうでない方もいらっしゃいます。)
と、厳しい視点で述べられています。
子どもへの影響はとても大きいのです。

子ども達を罰したり、批判することは勇気をくじき、
甘やかしの教育は依存的な態度と一人に執着
する傾向を助長してしまいます。

じゃあ、何が大切なのか?
困難は克服できない障害ではなく、
立ち向かい、征服する課題です。
勇気づけとは、この様な
困難に立ち向かっていけるという自信
を持つように援助すること。
(ただ、甘い言葉をかけるのではない。)

もう一つは、他の人、仲間への関心や協力です。
(共同体感覚、自分ばかりに注目するのではなく、
 周囲に関心を向けられる。)

この本ではカウンセラーの立場として、
親の立場として、
教師の立場としての子どもを描いています。

子育てに関して、何かヒントをつかんでもらえれば幸いです。

では、今日の言の葉です↓↓↓
未来を希望に満ち、喜びを持って見ている子どもたちと
一緒のときにこそ初めて、教育が可能になるからです。
(p.83)

自分のことにしか関心のない人は他の人を考えることはできない。
他の人を考えることができるためには、無論、
自分の世話ができているのでなくてはならず、
人に与えることができるためには、
自分が何か与えるものを持っていなければならない・・・
(p.285)

子どもと共に親も成長します。
何を子どもに学ばせたいのか自問自答しながら、
子どもの明るい未来を思いたい。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

子どもの教育 (Adlerian Books)(アマゾン)



アドラー心理学関連書籍
マンガでやさしくわかるアドラー心理学をみる→
マンガでやさしくわかるアドラー心理学実践編2をみる→
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉をみる→
コミックでわかるアドラー心理学をみる→
まんがで身につくアドラー心理学をみる→
嫌われる勇気をみる→
アドラー心理学実践入門をみる→



算数だって歴史あり

算数おもしろ大辞典 IQ(1994.2.20)
株式会社学習研究社


算数・数学なんて嫌いだ!!
note02.jpg


そう思う人は世の中に沢山いると思います。
学校の授業で行われる作業的な計算、
やたら長く、作法の様なものが必要な証明、
何に役立つのか全く疑問に思う公式。
(この辺は私が中学生の時に思っていたことです。)

算数は実生活に使うもの、数学は芸術みたいなもの。

そういう風に考えていた私ですが、じゃぁ、算数の歴史、

数学に貢献してきた研究者・偉人達について知っていますか?

ときかれたら、数学の道に入って興味がなければ
全く分からないのではないでしょうか??

学校の授業では歴史などはエッセンスとして多少載せてるものも
ありますが、先生が触れなければ目にすることはありません。

そう、歴史(エピソード)があるんです

私は子どもにそのエピソードを知って欲しくてこの本を購入しました。

小学校の算数で学年が上がると必ずにぶつかると言います。
大体その壁は、小学校4年生らしいのですが。。。。
はまったら、難作業をこなす修行にしかなりません
でも、その計算にも歴史と意味があるのだとしたら、見方も変わります。

この本は「算数の始まり」、数字が生まれた話から
算数のテクニック(これは中学校受験レベルもあり)、
そして、前述の算数の歴史・偉人達について簡単に書き込まれています。

lgi01a201312111400.jpg


では、今日の言の葉に代わり、
特に私が好きなガウスさんのエピソード↓↓
を紹介します。

約200年前、
ドイツのある小学校の算数の授業にて、先生が子ども達に言いました。

先生「さぁ、みんな。今日の算数は少し難しく、根気がいるぞ!
1から100までの数をひとつずつ足していくといくつになるかな?」

先生は黒板に数字を書き出しました。


1,2,3,4,・・・・・、50,51,・・・・、98,99,100


先生「さぁ、これらの数字を全部足すと答えはいくつだ?」

生徒『えええぇぇ~!!(面倒だ・・・。)』

先生「計算が終わった人は、黙って石版を机の上に置きなさい。」
(当時、紙がないので石版に書いてました。)

先生の合図で生徒達は一斉に計算を始めました。

みんながウーンと苦しみながら計算している中、ただ一人だけ
石版を直ぐ伏せた子どもがいました。
そう、ガウス少年です。

先生はその子をみて
〔計算するのが面倒で、適当にやったな。〕と思いました。

しばらく時間がたって、先生は全員の計算をやめさせました。
みんな、自分の答えを広げたとき、それぞれの答えはまちまち、
時間内に計算が終わらないものもいました。


一方、ガウス少年は『5050』と正解ではありませんか!


じゃぁ、どうやって解いたのか先生がきくとガウス少年は
黒板に完璧に解いて見せたのだそうです。
(一説では、先生が生徒に自習させて他の仕事がしたかったから
面倒な計算をさせようとした。でも、ガウスが直ぐに解き終わってしまって
先生を驚かせたとも言われてます。)

解き方は。。。皆さん、高校でお馴染み(?)
等差数列の和
のベースとなる解法です。
(これきくと、は?そんなのやったっけ??ってなる人もいますよね。)

先生驚愕!!!

ガウスさんは数学の天才と言われた人です。
(天文学にも数学を駆使し、精通していたそうです。)
小学生の時から、計算の才能があったんですね。。。

ちなみに、この本にはガウス少年がどう解いたのか載っています。
公式の名前を聞くと尻込みしますが、小学生でも充分理解できます。

他にも、日本のエピソードも多数載っています。
大人が見ても楽しいかも。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

算数おもしろ大事典IQ 増補改訂版(アマゾン)



目標を達成する 「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」(過去の読書日記再録)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話(2013.12.27)
著者 坪田信貴 株式会社KADOKAWA


「嘘でしょ???」
この本の題を見たときに先ず思ったことです。学年ビリ(学校によるとは思うけど)のギャルっていうと、”勉強あきらめて、今が楽しいのが一番って思ってる子”と偏見があった私。そんな子が1年勉強したぐらいで、あの慶応に入れるなんて信じられませんでした。

塾の講師の先生目線でギャルさやかさんの奮闘とその家族の様子を本では描かれています。
さやかさんのポジティブな姿勢、素直さが凄い!!


夫にこの本の話をしましたが、私の説明が悪いのか信じてくれません(苦笑)著者の方、私の説明力不足です
m(_ _)m撃沈


ただ、著者の方が心理学を塾の講師という仕事に取り入れて生かしている姿を本で拝見するところ、なんだかアドラー心理学に通ずるものを感じます。

今日の言の葉です↓↓↓
『それは、君が成功した一番の理由は、「中途半端なプライドを捨てて、恥をかくのを恐れなかった」ことにある、ということです』(p274)
『子どもや部下が夢のような話を言い出して努力を始めたときに、「温かい目で見つめて、サポートする」ことが大事だと言うことを。』(p275)


ギャル、さやかさんの珍解答掲載されていますが、こんなのも出来ないなんてって上から目線で笑ってしまった私は恥ずかしくなりました。もう一度この本を読み返したとき、「私は親の目線で温かく見守る」を意識しました。


たとえば自分の子どもが突拍子もない夢を語って努力しようとしていたら、私は自分の子どもの勇気をくじき(自分が不安になるから)、止めさせようとしそうでこわいです。「温かい目で見つめ、サポートする」は本当に大事だと思った本です。


稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

↓ギャルがにらんでます。


read more !!

情熱の実業家  学習漫画 スティーブ・ジョブズ

学習漫画 スティーブ・ジョブズ(2013.8.31)
コンピューターで世界を変えた情熱の実業家
監修・解説 桑原晃弥  漫画 八坂考訓
シナリオ 堀ノ内雅一    集英社


世界の偉人シリーズNEXT

昨日の記事にて少しだけ触れたです。


小学館にもあります。

娘が学校の図書室からお借りしたものを、
私も読ませて貰いました。
監修・解説は
「スティーブ・ジョブズ 神の遺言」
著者 桑原晃弥さんです。
「スティーブ・ジョブズ 神の遺言」
ジョブズ氏の力のある言葉中心だったので、
短時間で生涯をたどるなら
漫画は最適でした。
子どもも入りやすいですよね。
ちなみに、小学館のの方は
書店、児童書コーナーにて
真剣に立ち読みしました。
(毎度毎度、ごめんなさい。)

特に私が面白かったのは巻末にある
「もっと知りたい!
 スティーブ・ジョブズ」です。
7つの有名エピソードを紹介しています。

エピソード① 科学よりも神秘がすき?
若い頃、東洋の思想に憧れを抱いた
ジョブズ氏は19歳の時に日の僧侶から、
仏教の一派である禅を習い始め、
座禅を組むようになりました。
一時はお坊さんになりたいと
思ったこともあったようです。
奥さんのローリンさんとは僧侶を
招いて仏前で式を挙げたそうです。


エピソード② 京都がすき
子どもを連れて、何度も京都を訪れました。
お気に入りの寺院や旅館(俵屋)、
寿司屋(すし岩)もあったそうです。
また以前のiMacの背景画像には
龍安寺の庭や金閣寺の写真が入って
いました。


エピソード③ 寿司好きな菜食主義者
肉を食べない菜食主義者のジョブズ氏。
しかし寿司は別で、
「寿司は野菜だ!」と言って食べていたようです。
好きなのは「穴子」

若い頃は菜食、断食をすればお風呂に
入らなくても身体は臭くならないと
信じていましたが、これは間違いでした。
(癌になってから、この偏食が仇となり、
 良質なタンパク不足となり、病状が
 悪化したと言われてます。)


エピソード④ 給料はたった1ドル
アップルに復帰したとき、
「お金が欲しいから戻った
 とは思われたくない」
と考え、
自分の年間の給料を1ドルとしました。

後に、大量のストックオプションと
自家用飛行機をがっちり貰いますが・・・。
(貰うとこはがっちり貰います。)


エピソード⑤ 完全を求めて
初期のアップルストアを開店する準備のとき、
半年以上もかけて準備してきたのに
店舗の考え方が間違っていたとして
すべてを最初から作り直しました

この姿勢は製品や、製品発表の場
でも同じで、違うと思うと何度でも作り
直しました。
妥協を許しません。


エピソード⑥ 黒のハイネックとジーンズ
製品発表には黒のハイネックとジーンズで
壇上に上がったジョブズ氏。
彼のトレードマークですが、これは
のデザイナー、三宅一生が
同じ服を100着作ってもらったものです。
クローゼットには大量のスペアが・・・。


エピソード⑦ 奥さんとの出会い
ふたりが出会った日、ジョブズは大切な
会議をすっぽかし、ローリンを食事に誘いました。
このときからふたりは付き合うことになったのです。
いつでも、「今日が人生最後の日だったら・・・」
と考えて行動するジョブズ氏らしいエピソードです。
チャンスをつかむ男。

ringo003.jpg



もちろん、このエピソードは
こちらの伝記に詳しく載っています↓

文字数が多くて、ウチの子達は手に取りませんが・・・。


また、巻頭にはジョブズ氏が関わってきた
コンピュータが年代ごとに分かり易く
カラーと写真で載っています。
年表見ても、頭に入ってこない
私にはありがたいものです。
1976年のアップルⅠに始まり、
2010年のiPadまで、

簡単な説明付きです。

では、今日の言の葉です↓↓↓
他人の言葉にふりまわされてる時間はない!
自分の素直な気持ちを信じて
好きなことをやりとげてくれ!

(漫画、スタンフォード大の
 卒業生へのスピーチより。)

最後に、スタンフォード大のスピーチをどうぞ。

(14:24)

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




スティーブ・ジョブズ (学習漫画 世界の伝記NEXT)(アマゾン)



プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。