読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

価値の提供 「一万円起業」 過去の読書日記再録

一万円起業
著者 クリス・ギレボー  監訳 本田直之

周りの人たちから応援される起業とは?

起業」というと、「苦労」がついて回る。
そんなイメージを私は持っていました。
資金をかき集め、起業できたとしても
その後の成功は、確率は低いし
リスキーだと。
(良くテレビで見る、倒産、破産の不幸話が
 イメージされるからでしょうか。。。)

この本を手に取ったのは、またまた、
起業する」とは別として、
以前、ブログでメモした金持ち父さんシリーズの
「起業する前に読む本」(別窓が開きます)
をまた別の視点から見てみたかったのがあったのです。
起業ストーリーとしてキヨサキ氏中心でしたし。
じゃあ、他の方はどういう人なのかと思ってました。

買う側として、提供する側の事も知る
これも大切なのです。
コンビニのバイト、これもサービスを提供する側に
入ります。

この本は著者のクリス氏が起業家の起業ストーリー
と本人へのインタビューから、起業への法則を
まとめたものになります。

では、ラインアップです。

第1部 気がつけば起業家
プロローグ 必要なものを、あなたはすべて持っている 

 第1章 自分を再発見しよう
 
 第2章 「魚」を与えよ!

 第3章 情熱だけでは成功しない
 
 第4章 ノマド起業の真実

 第5章 顧客の年齢層を調べるな

第2部 さあ、街で売ろう
 第6章 ビジネスプランはA4用紙1枚に
 
 第7章 断れないオファー

 第8章 本日発売!

 第9章 売り込みは穏やかに

 第10章 儲かり続けなければ仕事じゃない

第3部 利益を増やす次の一手
 第11章 収入を倍増させる微調整

 第12章 自分をフランチャイズしよう

 第13章 大きくなるのはいいこと?

 第14章 あなたはもう、一番の専門家 


090.png

ストーリーは日本のものではなく
すべて海外なのですが、本質的には
海外でも日本でも共通しています。

大切なのは
誰かの生活を良くするために、
何を与え、何を取り除けるか?

ということです。

第1章で出てくる例なのですが、
自分がリストラにあい、困っているのに
友達が処分に困っていた商品の在庫を
引き受け
(商品はベットマットレス)、
友人達の協力を得ながら工夫して
売ったのが事業になったというもの、

「押し売りをしない」居心地の良い店を
目指し、他社にはない、
キングサイズのマットを自転車で売り歩く
(宣伝にもなる)
という事をしたのです。
マットは飛ぶように売れ、
この方はいつの間にか事業を
起こしていました。


まず、自分が困ったときに友人を助ける。
これは「夢をかなえるゾウ2」
でもありました。成功者の条件というものです。

また、マットレスの場合は家具屋さんで
購入が多いですが、お客さんのイメージとして、
家具を押し売りされるのではという恐怖も
あります。小さなお店では特に、絶対何か
買え
という雰囲気を持つ店もあります、
(そういう所ばかりではありませんが)
そのストレスを無くすのはお客さんには
良いことです。気軽に家具に触れる、
見て回れるのは、気に入ったものを
探すチャンスは増えます。
(気軽に入れるお店って、
 私の周りには中々ありません。
 馴染み客でないと睨むとか、
 接客態度に差が歴然としている
 と感じるお店があります。)

そして、この例の根底には人間関係
見えます。在庫を抱えて困っている
と相談してきた友人
(相談できる体制ができてる)、
マットレスが積めるように
自転車を改造してくれた友人
(助けたいと思われてる)、
何より、マットレスの売り込みを
共に協力した妻がいることです。
リストラされた時点で家庭が崩壊も
あり得る
のに、夫を支え
一緒に在庫を売る姿勢は凄い
奥様です。
日頃からの人間関係は重要なんですね。


では今日の言の葉です↓↓↓

価値とは「人を助ける」こと。
予期せぬ起業家たちが、価値の提供を
何よりも重視したとき、ビジネスが成立した。

(p.59)


「人を助ける」ことを重点に置いている
お店は雰囲気で分かりますよね。

価値を提供される側として
あるいは提供する側として
それは「人助け」が基になっているか
意識してみると面白いかもしれません。

スーパーで買い物したり、
服や小物を買ったり、
カフェでコーヒーを買ったり、
または
バイトでガソリンを車に入れたり、
食事を配膳し会計したりするとき
何が価値の提供になっているか
考えて見ましょう。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法(アマゾン)



スポンサーサイト



情熱の実業家  学習漫画 スティーブ・ジョブズ

学習漫画 スティーブ・ジョブズ(2013.8.31)
コンピューターで世界を変えた情熱の実業家
監修・解説 桑原晃弥  漫画 八坂考訓
シナリオ 堀ノ内雅一    集英社


世界の偉人シリーズNEXT

昨日の記事にて少しだけ触れたです。


小学館にもあります。

娘が学校の図書室からお借りしたものを、
私も読ませて貰いました。
監修・解説は
「スティーブ・ジョブズ 神の遺言」
著者 桑原晃弥さんです。
「スティーブ・ジョブズ 神の遺言」
ジョブズ氏の力のある言葉中心だったので、
短時間で生涯をたどるなら
漫画は最適でした。
子どもも入りやすいですよね。
ちなみに、小学館のの方は
書店、児童書コーナーにて
真剣に立ち読みしました。
(毎度毎度、ごめんなさい。)

特に私が面白かったのは巻末にある
「もっと知りたい!
 スティーブ・ジョブズ」です。
7つの有名エピソードを紹介しています。

エピソード① 科学よりも神秘がすき?
若い頃、東洋の思想に憧れを抱いた
ジョブズ氏は19歳の時に日の僧侶から、
仏教の一派である禅を習い始め、
座禅を組むようになりました。
一時はお坊さんになりたいと
思ったこともあったようです。
奥さんのローリンさんとは僧侶を
招いて仏前で式を挙げたそうです。


エピソード② 京都がすき
子どもを連れて、何度も京都を訪れました。
お気に入りの寺院や旅館(俵屋)、
寿司屋(すし岩)もあったそうです。
また以前のiMacの背景画像には
龍安寺の庭や金閣寺の写真が入って
いました。


エピソード③ 寿司好きな菜食主義者
肉を食べない菜食主義者のジョブズ氏。
しかし寿司は別で、
「寿司は野菜だ!」と言って食べていたようです。
好きなのは「穴子」

若い頃は菜食、断食をすればお風呂に
入らなくても身体は臭くならないと
信じていましたが、これは間違いでした。
(癌になってから、この偏食が仇となり、
 良質なタンパク不足となり、病状が
 悪化したと言われてます。)


エピソード④ 給料はたった1ドル
アップルに復帰したとき、
「お金が欲しいから戻った
 とは思われたくない」
と考え、
自分の年間の給料を1ドルとしました。

後に、大量のストックオプションと
自家用飛行機をがっちり貰いますが・・・。
(貰うとこはがっちり貰います。)


エピソード⑤ 完全を求めて
初期のアップルストアを開店する準備のとき、
半年以上もかけて準備してきたのに
店舗の考え方が間違っていたとして
すべてを最初から作り直しました

この姿勢は製品や、製品発表の場
でも同じで、違うと思うと何度でも作り
直しました。
妥協を許しません。


エピソード⑥ 黒のハイネックとジーンズ
製品発表には黒のハイネックとジーンズで
壇上に上がったジョブズ氏。
彼のトレードマークですが、これは
のデザイナー、三宅一生が
同じ服を100着作ってもらったものです。
クローゼットには大量のスペアが・・・。


エピソード⑦ 奥さんとの出会い
ふたりが出会った日、ジョブズは大切な
会議をすっぽかし、ローリンを食事に誘いました。
このときからふたりは付き合うことになったのです。
いつでも、「今日が人生最後の日だったら・・・」
と考えて行動するジョブズ氏らしいエピソードです。
チャンスをつかむ男。

ringo003.jpg



もちろん、このエピソードは
こちらの伝記に詳しく載っています↓

文字数が多くて、ウチの子達は手に取りませんが・・・。


また、巻頭にはジョブズ氏が関わってきた
コンピュータが年代ごとに分かり易く
カラーと写真で載っています。
年表見ても、頭に入ってこない
私にはありがたいものです。
1976年のアップルⅠに始まり、
2010年のiPadまで、

簡単な説明付きです。

では、今日の言の葉です↓↓↓
他人の言葉にふりまわされてる時間はない!
自分の素直な気持ちを信じて
好きなことをやりとげてくれ!

(漫画、スタンフォード大の
 卒業生へのスピーチより。)

最後に、スタンフォード大のスピーチをどうぞ。

(14:24)

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様に感謝いたします。




スティーブ・ジョブズ (学習漫画 世界の伝記NEXT)(アマゾン)



業界に革命を起こした男  Steve Jobs Ⅰ③

Steve Jobs
スティーブ・ジョブズ

著者 ウォルター・アイザックソン 
訳者 井口耕二     講談社

前回のまでのメモはこちら↓
「Steve Jobs Ⅰ ①」
「Steve Jobs Ⅰ ②」

エレクトロニクスが大好きなヒッピー

一見、矛盾しますが、それが
若者、スティーブ・ジョブズ氏でした。

業界に革命を起こした男  Steve Jobs Ⅰ③

ヒッピーは、コンピュータを不吉だと、
ペンタゴンや体制側に属するものと
していました。
しかし、1970年代に入ると
コンピュータは個人の表現の解放
を可能にするものと意識が変わって
きていました。

その両方に足を突っ込んでいた
ジョブズ氏は自由な発想ができたのです。
read more !!

業界に革命を起こした男  Steve Jobs Ⅰ②

Steve Jobs
スティーブ・ジョブズ

著者 ウォルター・アイザックソン 
訳者 井口耕二     講談社


感受性と無神経
短気と超然性

この相反する性質が渾然一体に
なっている人
スティーブ・ジョブズ
前回のメモはこちら→Steve Jobs Ⅰ ①

ジョブズ氏はどんな子どもで、
どう過ごしていたのか??
かなり気になるところです。
では、少しずつ触れていきましょう!

業界に革命を起こした男  Steve Jobs Ⅰ②

小学校に入ったジョブズ氏。
もともと能力の高いジョブズ氏は低学年の
頃は退屈で友達と
いたずらばかりしてました。

read more !!

プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★