読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

人を動かす 「まんがでわかる 7つの習慣 4」

まんがでわかる7つ習慣(2015.1.29)
監修 フランクリン・コヴィー・ジャパン  まんが 小山鹿梨子 株式会社 宝島社


ついに、歩ちゃん自分の店を持つ!!の本になります。
自分のお父さんがバーテンダーで、バーを持っていましたが、
亡くなった後は母がカフェをしているという
思い出のお店の復活を夢見ていた歩ちゃん。

その夢は自分がどういうバーテンダーになりたいのか
          どういうお店にしたいのか  
7つ習慣を通して探求してきました。
そして、ついにこの巻で実現します。

(※1巻~3巻までのお話はこの記事の一番下にリンクがあります。)


先ずはラインナップです↓↓
Chapter1 第6の習慣 
わかり合う難しさの中にこそ成長と創造の機会がある

Chapter2 第6の習慣 
自分の中にシナジーを起こし、波紋の中心となる

Chapter3 第7の習慣 
人として器を広げ、よい行動の効果を高める

Chapter4 第7の習慣 
人間関係に貢献して自己の価値への自信を高める

Chapter5 再びインサイド・アウト 
強い決意で自分を変えれば、人類の未来にも貢献できる

Chapter6 第8の習慣 
使命感を正しく行動に移し、己の注目度・重要度を上げる

Chapter7 第8の習慣 
指示をしなくても前に進む組織文化を醸成する



m.png


7つの習慣って名前なのに8個あるの???
って、私も思いました。
7つの習慣完成後に
さらに8つめを示したそうなので、
習慣自体は8つあります。

ラインナップのなかにシナジーという言葉がありますが、

他人と協力して、自分一人では実現できない新しい力だそうです。

妥協しあうのではなく、
他人と協力してお互いが納得する第3の案を作ることが出来ます。
ただ、このシナジーをつくるには、
今までの第1から第3の習慣がしっかりしてないと
他人を攻撃したり、
勝ち負けを気にしたりと第3の案作成失敗になります。

つまり、人間関係における成功なのです!!

さて、本日の”今日の言の葉”の前に、
私がグサッと刺さった言葉からメモしときます。
↓↓
・・・学校を卒業するなり、
知性を磨く努力をばったりと
やめてしまう人が少なくない。
真剣に本を読まなくなり、
自分の専門外の分野を探求し
知識を広げようとせず、
分析的に考えることもしなくなる。  
 -『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』 P.436
(p.77)

コーヴィーさん、どこから見てるんじゃないでしょうね???(笑)
本なのかでコーヴィー氏が指さして、面と向かって指摘してるのが思い浮かぶ・・・

私の場合、学生時代はぜ~んぜん本を読んでなかったので、余計にこの言葉が身にしみます。

就職、結婚、出産、子育て・・・めまぐるしく生活が変わる中で、
読書の時間なんかとれるわけない、
寧ろ読書という言葉が頭に無く、つい最近読み出した私。

・・・遅れた時間を取り戻す!!

さて、やっと今日の言の葉です↓↓↓
人に褒めてもらうことではなく、
他の人たちの人生が豊になるように
奉仕することが大切なのである。
目的は、人に働きかけ、
良い影響を与えることであって、
認められることではない。
(p.85)

リーダーシップとは
人々にその人自身の人間としての価値と
可能性を明確に伝え、
その人自身の目で見えるようにすることである。
・・・自分の目で見て、実行して、
達成するというプロセスを実践させることである。
(p.147)


稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


まんがでわかる7つの習慣4 第6の習慣/第7の習慣/第8の習慣(アマゾン)





7つの習慣関連書籍
まんがでわかる 7つの習慣  をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 2をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 3をみる→
完訳 7つの習慣をみる→

スポンサーサイト



成功の考え方 「まんがでわかる 7つの習慣3」

まんがでわかる7つ習慣
監修 フランクリン・コヴィー・ジャパン  まんが 小山鹿梨子 株式会社 宝島社


歩ちゃん第三巻です!

1巻が7つの習慣の概要。


2巻がパラダイムと原則、第1の習慣と第2の習慣の解説。


3巻は第3の習慣と第4の習慣、第5の習慣の解説となります。
こうしてみると背景の人が増えていってますね。。。


ラインナップとしては

chapter1 第3の習慣 最良の選択のために「ノー」という。

chapter2 第3の習慣 任せて育て、自分の時間を生み出す。

chapter3 公的成功と私的成功 信頼に支えられた成功を目指す。

chapter4 第4の習慣 「No Deal」のカードで流れを変える。

chapter5 第4の習慣 人間関係が2つのWinを考える。

chapter6 第5の習慣 心に耳を傾けて聴く。

chapter7 第5の習慣 自分が変わるから相手が変わる。



となります。今回もバー「セブン」に訪れる
お客さんとの交流を通してお客さんのお悩みを解決、
そして歩も成長するお話満載です。
特に、chapter6の新人の高校の先生の話、
「心に耳を傾けて聴く」
が心に残りました。

先生が正論を振りかざし、生徒の話を聴かず、
諭そうとするのですが生徒は反発。
「生徒が話を聞かない」と嘆いているところに
先輩教師からバー「セブン」に行けば
答えが見つかる。と促されたことから
歩の所に訪れます。

生徒の問題行動の意味は?

生徒は周囲に何を示したかったのか?

話を聴くべきだったと気がつくのです。

先生という職業だけでなく、
親子でも夫婦でも、話を聴き、相手の心に寄り添うのは
相手を理解するのに大切なこと。

「先ず理解して、理解される」です。


今日の言の葉です↓↓↓
共感して聴くには、耳だけでなく、もっと大切なのは、目と心も使うことである。
相手の気持ちを聴き取る。言葉の裏にある本当の意味を聴き取る。行動を聴き取る。
・・・察し、読み取り、感じ取るのである。
(p130)

お子様の行動の裏、言葉の裏に隠れている気持ちを感じ取れていますか?


稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣



【楽天ブックスならいつでも送料無料】まんがでわかる7つの習慣(3) [ 小山鹿梨子 ]



7つの習慣関連書籍
まんがでわかる 7つの習慣  をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 2をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 4をみる→
完訳 7つの習慣をみる→

運命を切り開く③ 第2の習慣 「完訳 7つの習慣」 過去の読書日記再録

25周年記念版
完訳 7つの習慣 人格主義の回復
著者 スティーブン・R・コーヴィー
訳   フランクリン・コーヴィー・ジャパン

「運命を切り開く」はこちらから。
(別窓が開きます。前回のを見なくても、話は繋がります。
 内容は私達を取り巻く課題を確認出来ます。)
前回の「運命を切り開く②」はこちらから。
(別窓が開きます。第1の習慣が確認出来ます。)


第2の習慣 終わりを思い描くことから始める

この習慣を見たときに「終わり」という言葉が
出てきます。極端に解釈すると人生の終わり」です。

「完訳 7つの習慣」には「終わり」の例として
自分のお葬式を想像させる話が出てきます。

身内の弔辞、
そして親友の弔辞、
仕事関係の方の弔辞、
最後に奉仕活動(自治会、ボランティアなど)
で関わった人の弔辞、

果たして自分はどんな風にこの方々から
語られるのだろうか?
と考えるのです。

「終わりを思い描くことから始める」は
人生におけるすべての行動を測る尺度、
基準として、人生の最後を思い描き、
それを念頭に置いて今日一日を始める事です。


つまり、お葬式の弔辞は現状確認と、
どうなりたいかの着地点の確認になるんです。

「終わり」を思い描くことによって今日の生き方、
明日の生き方、来週の生き方・・・・
そして人生の終わるときを思い、
意識することにより、自分が最も重要だとする
基準がはっきり見え、それに従って行動することが
出来るようになります。

そうすることによって、今、自分が正しい方向に
向かって行動しているのか
判断できます。

「終わり」が見えていないと、
日々の仕事や生活、作業の様な勉強などに
追われて(現状維持してるのみ)、
気がつけば多忙な、効果のない生活を
している事に気がつくのです。
(私も、時間に追われるばかりで
 一日終わってしまってる事に気がつきました。)

自分にとって当に大事なものを見失い、

取り返しのつかない過ちに気がつく。


自分の葬式で述べてもらいたい弔辞
→あなたの成功の定義


を真剣に考えて欲しいのです。

「終わり」を思い描けたら次は、自分の行動原理を考えましょう。

203.jpg


あなたの行動の中心はどれでしょうか。
①配偶者中心
②家族中心
③お金中心
仕事中心
⑤所有物中心
⑥娯楽中心
⑦友人中心
⑧敵中心
⑨宗教活動中心
⑩自己中心


ほとんどの人は複雑にこの中心が
跨っているはずです。コーヴィー氏は
この中心を跨ぎ、コロコロ変わる生き方は
その中心に振り回され、その場しのぎの
生き方になると言っています。
要はブレた生き方という事です。

人生の中心に正しい原則を置けば
安定します。
(中心はたった一つ!!)

正しい原則=自分の人生の憲法
(コーヴィー氏はミッション・ステートメント
 と定義してます。)

この憲法は「第1の習慣主体的である」の土台があって
初めて、どんな人間になりたいのか、
人生で何をしたいのか見えて書けるもの。
そして、定期的に見直して修正していくもので、
その修正のプロセスも自分の内面を見直すのに
重要な機会です。
このプロセスが使命感になります。

人生のミッションが決まったら、
まず、自分の役割、
「夫」、「父親」、「息子」、「兄弟」、・・・・
を書き出して人生のミッションをもとに目標を設定します。

人生のミッションの例↓
『誠実に生き、人の人生に違いをもたらす。』
(壮大ですね。)

あなたの行動の中心はどこですか?
自分の人生のミッション、是非書き出しましょう!!
(そして宣言しましょう。)

では今日の言の葉です↓↓↓
効果的な目標は、行為よりも結果に重点を置く。
行きたい場所をはっきりと示し、そこにたどり着く
までの間、自分の現在位置を知る基準になる。
・・・目標があればこそ、自分のやることに
意味と目的ができる。
(p.178)

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

**お知らせ**
この、『7つの習慣』の読書日記は複数回に続く予定です。
(回数未定)





7つの習慣関連書籍
まんがでわかる 7つの習慣  をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 2をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 3をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 4をみる→
完訳 7つの習慣 その①をみる→
完訳 7つの習慣 その②をみる→

運命を切り開く② 第1の習慣「完訳 7つの習慣」過去の読書日記再録

25周年記念版
完訳 7つの習慣 人格主義の回復
著者 スティーブン・R・コーヴィー
訳   フランクリン・コーヴィー・ジャパン

前回の「運命を切り開く」はこちらから。
(別窓が開きます。
 前回のを見なくても、話は繋がります。)

前回は現実に私達に降りかかっている問題、
課題について確認しました。

7つの習慣』とは、生きるための基本原則です。
この習慣を身につけると、継続的な福と成功
の土台
となる正しい原則を身につけたことになります。

まず、習慣をみる前に自分について理解することが
必要です。

『自分のものの見方=自分のあり方』

自分がどのように世界を見ているのか、
物事を見ているのか理解し、
見方を変えることが、自分を変えることに
繋がるのです。

見方を変えるには、自分の中に自分の
行動を導く指針を作ります。
例えば
『公正、誠実、正直、人間の尊厳、奉仕、貢献、
 本質、美徳、成長、忍耐、養育、励まし、・・・』

等の自然の法則、自明の法則があげられます。
この法則に自分のものの見方の基準を
近づける、基準を置いていけば大きな変化が
遂げられます。


原則に従って行動することによって、
日常生活の習慣が変わっていきます。


自分の中に正しい原則を据える
 ↓
一つ一つの行動の変化
 ↓
習慣の変化
 ↓
人格の変化


人格は持って生まれたものだという考え方も
ありますが、コーヴィー氏は一つ一つの行動の
結果であると考えています。
だから、人格は高められるのです!!

自分の中の変化から外側の変化へ、
そして周囲の変化へと影響が広がります。

048.png

以上のことを前提に、『7つの習慣』を
みていきましょう。

第1の習慣 主体的である

私達の行動は、周りの状況ではなく、
自分自身の決定と選択の結果です。
感情を抑え、自らの価値観を優先させ、
責任をもって行動できるはずです。

そうでない人間は、その時々の感情や
状況、条件付け、自分を取り巻く環境に
影響を受けます。(責任転嫁

主体的な人は、
深く考えて行動を選び、
自分の中にある価値観で自らを
コントロールする
のです。

では、どう実践していくのか?

一日、自分の話す言葉と、周囲の話す言葉に
注目する。
「・・・だったらなぁ」「できない」
「しなければならない」というような
言葉はでてませんか?

近い将来にありそうなことで、過去の経験から
責任を周りに転嫁しそうなものを一つえらんで、
その状況を想像する。
どのような反応をすれば主体的ですか?
(予想し、シミュレーションしてみる。)

仕事や私生活で抱える問題を一つえらんで、
自分がコントロール出来る事か、出来ないのか
を判断する。問題を解決するために自分ででき
事を一つ決めて実行する。

 ③の結果、どのような変化が周りに
起こるのかをみる。

①から④の実践を毎日意識して行うと
自分の行動は変わります。

では、今日の言の葉です↓↓↓

自分の効果性に責任を持つのは自分以外には
ない。せになるのも自分の責任である。
突き詰めていけば、自分がどういう状況に
置かれるかは、自分自身の責任なのである。


責任を周りの状況に転嫁し逃げ続ける
のは、自分には楽なことかもしれません。
でも、それは現状維持ではなくて、状況を
悪くし、自分はまわりに「生かされている」
だけの人生になってしまいます。
想像すると恐怖です。

周りを批判し、他者の欠点を責め、
自分の欠点を正当化する事がない様に、
自分の間違いを認め、教訓を得て、
自分がコントロール出来ることに
取り組んでいきましょう。

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

**お知らせ**
この本、『7つの習慣』の読書日記は複数回に続く予定です。
(回数未定)





7つの習慣関連書籍
まんがでわかる 7つの習慣  をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 2をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 3をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 4をみる→
完訳 7つの習慣 その①をみる→
read more !!

BRUSH !!

BRUSH YOUR TEETH PLEASE(1993.8)
story & design by Leslie McGuire illustrated by Jean Pidgeon


偶には絵本も良いよね。絵の優しさに癒されます。

↑これは洋書です。

↑これは日本語版です。
すこーーーしだけ絵が違いますね。

ウチの子が上の子4歳、下の子2歳の時に一緒に見ていた絵本です。
仕掛け絵本になっています。

クマさん

サルさん

カバさん

ライオンさん

サメさん

の順番に付属の紙で出来た歯ブラシで、歯磨きをしてあげるのです。
(紙で出来た歯ブラシは有線です。なくさずに済みますね。)

動物の鼻、口の部分はポップアップになっていて、飛び出してきます。
あーんして、歯がよく見える状態です。
最後のページには簡単な鏡がついています。
子どもが動物たちの歯を磨いてあげられます。

illust1579.png

歯磨きが面倒でサボりだす時期に読み聞かせたものです。
家にあるのは洋書だったのですが、日本語版もあるので選ぶことが可能です。
英文(日本文も)はちょこっとしかないし、簡単です。
目的としては歯磨きの習慣の他に、
英語も視界に入って欲しいから手に入れたんですけどね。


ちなみに。。。。仕掛け絵本の特徴だと思いますが、
ウチは紙の歯ブラシは折り目がついてヨレヨレになり、一部破いてしまいました(涙)


子どもが大きくなったので、今はリビングのインテリアになっています。
(下の子はたまに見て遊んでます。)


稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

Brush Your Teeth, Please: A Pop-up Book(洋書)
はみがきしましょ (しかけえほん)(日本語)





絵本紹介
Polar Bear,Polar Bear, What Do You Hear?をみる→
プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★