読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。

運命を切り開く⑦ 第6の習慣 シナジーを創り出す 「完訳 7つの習慣」過去の読書日記再録

前回までの「完訳 7つの習慣
「運命を切り開く」はこちらから。
(別窓が開きます。見なくても、話は繋がります。
 内容は私達を取り巻く課題を確認出来ます。)
「運命を切り開く②第1の習慣」はこちらから。
(第1の習慣 主体的である)
「運命を切り開く③第2の習慣」はこちらから。
(第2の習慣終わりを思い描くことからはじめる)
「運命を切り開く④第3の習慣」はこちらから。
(第3の習慣最優先事項を優先する)
「運命を切り開く⑤第4の習慣」はこちらから。
(第4の習慣Win-Winを考える)
「運命を切り開く⑥第5の習慣」はこちらから。
(第5の習慣まず理解に徹し、そして理解される)
前回までの7つの習慣を書き出すと、リンクだけで長いですね・・・

25周年記念版
完訳 7つの習慣 人格主義の回復
著者 スティーブン・R・コーヴィー
訳   フランクリン・コーヴィー・ジャパン


第6の習慣 シナジーを創り出す

シナジーって何ですか?
どこかの某ガソリンスタンド店のCMで
聞いたことがあるかもしれません。
一般的な意味としては

シナジー(synergy)
1 筋肉などの共動作用。または、薬品などの相乗作用。
2 経営戦略で、各部門の相乗作用を活用した効果として利益を生みだすこと。
(goo辞典より)

コーヴィー氏のシナジーは意味の2番に近いです。
もちろん、経営戦略や各部門にも使えるんでしょうけど。

コーヴィー氏のシナジー
人間関係において、互いの違いを認め、尊重し、
自分の強みを伸ばし、弱いところを補う。
(1人の力)+(1人の力)=(2人の力)
ではなく、お互いの力を最大限に発揮して
(1人の力)+(1人の力)=(2人以上の力
になること。

2人以上の力とは6人分でも1000人分にもなるような
相乗効果を表します。
今回の第6の習慣はこのシナジーを創ることです。
もちろん前回お話しした第5の習慣である
「まず理解に徹し、そして理解される」まで到達している
事が大前提です。人間関係が出来てないと、ここまで
来るのは難しい事ですし、人格もしっかりして、
自分の精神が安定してないと、結局は何かに取り組んでも
妥協に終わり、新しい案を作り出すことはかないません。


では実際にシナジーを創るためには
どう実践していったらよいか??

①自分の考え方とまるで違う人を一人
思い浮かべる。その人との違いを土台にして
新しい案を見つけるにはどうしたら良いのでしょう?

今、自分が進めているプロジェクトや
直面している問題について、その人に意見を
求めてみよう。
自分とは違う考え方を尊重して耳を傾けてみよう。
(まず理解!!)

②自分をイライラさせる人の名前をリストアップ
する。自分の内面が安定していて、自分と
他者の違いを尊重できるなら、
その人との違いを生かしてシナジーを創りだせる
でしょうか?
(イライラするということは、自分とは全く違う
 意見で相容れないと思っているからでは?
 そういう意見こそ、新しい案が生まれるかも・・・)

③もっとチームワークを高めてシナジーを創り
出したいと思う状況を1つあげましょう。
シナジーを創るにはどういう条件が必要
ですか?その状況をそろえるために、
あなたが出来ることはなんですか?

④今度、誰かと意見が違ったり、
対立したりしたとき、相手の立場の裏にある
事情を理解するように努力してみる。
その事情を考慮して、お互いのためになる
創造的な解決策を話し合いましょう。

061.png


例えば、違う意見の人と話すとして、
自分と相手のどちらかが正しくて
片方は間違ってるという事はあるでしょうか?
論理的にはあり得るかもしれませんが
お互い、ものの見方が違うのですから、
どちらの意見も尊重し合い、
どちらの意見も正しいと思わなければ

自分の意見を主張し押し通そうとします。

また、二人の意見が全く同じなら、
ハッキリ言って一人は不要です。

自分と相手が違う意見、
違うものの見方をしているなら、
「良かった。あなたは違う意見なんですね。
 あなたの見えているもの、感じているものを
 私にも見せて欲しい。」
という姿勢で臨めば、自分自身の視野が広まり、
相手を認めることになります。


違う意見の人と出会ったら、
イライラする人と出会ったら、
この第6の習慣シナジーを創り出すを実行する
良い機会です。是非、相手を理解することに徹し、
自分の視野を広めて行きましょう。
その人と新たな効果を生み出せれば
とてつもない力が生まれて
新しいアイディアにたどりつけるはずです。


では、今日の言の葉です↓↓↓
部分と部分の関係は、家庭や組織にシナジーの
文化を育む力でもある。
問題の分析と解決に積極的に関わり、
自分のものとして真剣に取り組むほど、
一人ひとりの創造力が大きく解き放たれ、
自分たちが生み出した解決策に責任をもち、
実行できるようになる。
(p.417)

稚拙ながら。。。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

**お知らせ**
この、『7つの習慣』の読書日記は次回で完結の予定です。






7つの習慣関連書籍
まんがでわかる 7つの習慣  をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 2をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 3をみる→
まんがでわかる 7つの習慣 4をみる→
完訳 7つの習慣 その①をみる→
完訳 7つの習慣 その②をみる→
完訳 7つの習慣 その③をみる→
完訳 7つの習慣 その④をみる→
完訳 7つの習慣 その⑤をみる→
完訳 7つの習慣 その⑥をみる→









スポンサーサイト



プロフィール

rie0725

Author:rie0725
上の子小学校6年生、
下の子小学校4年生
2人の子どもをもつ
 子育て中の主婦(30代)です。


子育て、家事、仕事と
    追われる生活の中

隙間時間を利用して
  本を読んでいます。


どうぞよろしくお願いします。

*当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
つぶやき
最新記事
タグ一覧

仕事 読書 勉強  人生 BGM こども 人間関係  ピアノ 夫婦 癒し 7つの習慣 スティーブ・ジョブズ BGM 習慣 起業 メドレー まんが 大学 絵本 Jazz 親子 7つ 音楽 ファンタジー カフェ 作業 コーヴィー 幽霊 家族 イノベーション コーヒー 価値 英語 英単語 アドラー 動物 貧乏 社長 ボサノバ お金 金持ち父さん 問題意識 映画 さくら トイ・ストーリー 生活 営業 心理学 しかけ  動画 育児 スピーチ 園芸 ターシャ・テゥーダ 絶望 クラシック リラックス 家事 ギター ハワイアン 問題解決   安らぎ 共感 痛風 バランス 食事 尿酸値 健康 赤ちゃん 

全記事

全ての記事を表示する

★☆★
アドラー特集
PC表示推奨。
読書を豊かに
訪問者様
スポンサーリンク
書籍関連↓↓


ブックオフオンライン

温泉宿でゆったり読書もいいなぁ~↓↓

「関東の温泉」口コミランキング



みんなで楽々お買い物ネットスーパー↓↓
nanacoポイントも貯まります↓↓

ブログランキング
お越し下さり
誠にありがとうございます。
ポチッと押していただくと
大変励みになります。m(_ _)m

FC2Blog Ranking



blogramによるブログ分析

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

にほんブログ村ランキング
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
★☆★